ごあいさつ

『大通公園』は、1871年(明治4年)に札幌の街づくりの機軸として、
中心部を北の官庁街と南の住宅商業街とに分ける大規模な火防線として設けられたのが始まりです。
歴史の歩みと共にその姿を整え、国際都市札幌のランドマークとなった今、
花壇や噴水、世界的彫刻家イサム・ノグチの「ブラック・スライド・マントラ」、屋外ステージ、遊水路などが整備され、
豊かな緑樹に囲まれた都心のオアシスとして安らぎを与えてくれています。
「さっぽろ雪まつり」に代表されるように、四季折々各種イベントや国際交流の場に利用されており、
一年を通じ活気と華やかな賑わいをみせております。


緑溢れる美しい街区とスケールの大きい都市空間に抱かれた「昭和ビル」は、
すべての都市機能が集積する大通地区にて地下鉄「南北線」・「東西線」・「東豊線」3路線の
『大通駅』と直結するベストロケーションに位置しており、
広範囲に及ぶ地下歩行・商業空間とも接続。
「ここで働く人・ここに訪れる人」に地上からも地下からもスムーズなアクセスを実現させております。
ビル直結の地下空間により、天候や季節に左右されることなく快適に「大通地区」、
札幌の玄関口JR「札幌駅」ゾーン、ファンスポット「すすきの」へも徒歩にて移動可能であり、
コアゾーンならではの真に価値あるロケーションを享受することができます。


当ビル内には、ビジネスゾーンの他、多彩なカテゴリーを網羅する店舗・施設・サービス機能が充実しており
多機能ビルとしての魅力を高めております。
快適かつ安全・安心な空間とサービスを維持するために365日ビル管理スタッフを常駐させ、
セキュリティーの強化とビルメンテナンスの品質向上に日々取り組んでいます。
札幌随一のプライムエリアとしての都市機能を最大限に活かしつつ、
ビルファシリティー機能の更新とリノベーションを積極的に推し進め、
多様化するお客様のニーズに的確にお応えしていきます。


今後も地域に根ざした『人と人とのつながり』をビルのモットーに、
私たちのかけがえのない財産『大通公園』との共生を図り
「人の温もりと安らぎ」が感じられるビル創りを使命として取り組んでまいります。



ページトップへ